ドライバーの仕事に就きたい人は必見!ドライバーの種類と必要な資格とは?

いろいろあるドライバーの仕事

ドライバーというと、トラックを連想するかも分かりませんが、実はその他にもタクシードライバー、宅配ドライバー、引っ越しドライバー、郵便車ドライバー、役員運転手やバス乗務員などがあり多種多様です。そんな中で初めてドライバーの仕事をする人にとっては、求人数の多さや仕事の内容を考えてトラックドライバーとタクシードライバーが無難といえるでしょう。

ドライバーに必要な資格とは?

ドライバーですから当然自動車運転免許が必要となります。トラックの場合はその大きさによって小型・中型・大型とあります。小型であれば普通免許で運転できますが、中型の場合は中型免許、大型の場合は大型免許が必要です。となると普通免許しかない人は小型トラックしか運転できないとなってしまいます。しかし、求人を出している運送会社などでは免許資格取得支援制度を実施しているところがあるのです。これは中型もしくは大型免許を取得した費用を会社が全額もしくは一部を負担するというものです。会社によっては負担ではなく貸し付けて返済するようになっているところもあります。事前に確認しておくのが良いでしょう。

タクシードライバーは旅客運送になるので2種免許が必要となります。しかし、1種免許しかない人は、タクシー会社にも免許資格取得支援制度を行なっているところがあるので、入社後の研修期間中に2種免許を取得することが可能です。こちらも事前に確認しておくのが良いでしょう。ですからドライバーの求人に応募する際には、単に仕事の内容だけで判断するのではなく、その会社に資格取得支援制度があるのか確認する注意が必要と言えます。

職種を選ばずとにかくドライバーとして働きたいなら、ハローワークに足を運んで担当者に相談することで理想のドライバーの求人が見つかります。