トラックドライバーの仕事、必要な免許、求人傾向を紹介

トラックドライバーの仕事内容

トラックドライバーの求人は、首都圏はもちろんですが、地方においても常に出ていることが多いです。それというのも、この業界は慢性的な人手不足の状況だからです。ある意味、景気に左右されない仕事ともいえるでしょう。それでは、トラックドライバーの仕事内容はどのようなものかというと、小型・中型・大型のトラックを運転してデリバリー業務、引っ越し業務、宅配業務をすることです。どこの企業に採用されるかによって車両の種類や必要な免許が変わってきますし、仕事内容も多少なりとも変わったりします。在籍企業は運送業者、宅配業者、メーカー、引っ越し業者などがあります。

トラックドライバーに必要な免許

トラックドライバーになるためには免許が必要になります。普通自動車第一種免許しか持っていないのであれば、最大積載量が2トン未満の小型トラックしか運転できません。それに加えて中型免許を取得すれば6.5トンまでの中型トラック、大型免許ならそれ以上のトラックを運転することが可能です。もしトラックドライバーに転職することを考えているなら大型免許を取っておくと採用に有利に働きますし、積載量に応じて給料が上がる傾向があるので、高い給料を手にする機会もあります。

最近のトラックドライバーの求人の傾向

最近の求人の傾向としては、「普通自動車免許だけでもOK」とか「未経験可」といったものも増えています。実際に普通自動車免許しか持っていなかった人が入社後にキャリアアップとして中型や大型の免許を取るというのは珍しくありません。

トラックドライバーの求人には、短距離で荷物運びをする仕事や、長距離で商品を配送する仕事など、仕事内容によって様々な働き方があります。