製造業にはどのような仕事があるか紹介します!

製造業とはどのような業種か?

製造業とは素材や部品を加工したり、組み立てたりすることで、製品を製造して販売する業種のことをいいます。たとえば、電化製品、食品、産業機器などさまざまなものが製造業ではつくられています。それでは、この製造業にはどのような仕事があるのでしょうか。何も工場で製品を作っていることだけが製造業の仕事ではありません。ほかにもさまざまな仕事があります。

工場での仕事にはどんな種類があるか?

まず研究開発の仕事があります。他社との差別化を図りながら消費者が必要とする商品を考えて作り出すことがその仕事です。次に製品加工の仕事もあります。これは工業製品に多いのですが、プリント基板に電子部品をはんだ付けをすることなどが代表的なものでしょう。それから、組立の仕事もあります。各部品を組み合わせて完成品をつくる仕事です。さらには、品質検査という職種もあります。これは製品が仕様どおりに作られているかをチェックする仕事です。製造工程を確認したり、出来上がった製品を点検したりします。そして、出荷も大切な仕事です。製品を納期に間に合うように梱包して出荷します。ほかにも、製品が納期どおりに作られるように工程を常に管理する生産管理の仕事もあります。これらは主に工場で働く職種です。

営業と間接部門の仕事もある

製品をつくるだけが製造業の仕事ではありません。それを実際にお客様に売って売上と利益につなげないと意味がありません。その役割を担っているのが営業です。営業は新規顧客を訪問して潜在的ニーズを掘り起こしたり、既存顧客の実績を拡充することが具体的な仕事内容になります。ほかにも、法務部や経理部や総務部といった間接部門も、他の業界と同様にあります。

綜合キャリアオプションは、2020年に働き方改革の一環として労働者の健康維持のための健康相談サポートを始めました。