トラックドライバーの仕事のメリット・デメリットは?

トラックドライバーの仕事のメリットとは

トラックドライバーは、勤務時間の多くを一人で過ごすことになります。人にもよりますが、これを人間関係の煩わしさが比較的少ないという、メリットと感じる人も多いです。そしてトラックドライバーは、これをメリットと感じるような人に向いた仕事なのだ、と言うことができます。また、トラックドライバーのニーズは多く、仕事がなくなることは、まず考えられません。将来的にも、安定した仕事です。このことは、新たにトラックドライバーの仕事に就こうとする際も採用されやすく、そして条件の良い職場を選ぶことも比較的やりやすい、ということでもあります。

またトラックドライバーは、仕事に慣れるまでの期間が他の仕事に比べて比較的早く、だいたい1年もあれば一通りの仕事は覚えられると言われています。そして車の運転技術が大きく向上することや、地理に詳しくなることもメリットの一つで、これはプライベートで車を運転するときにも役立ちます。

トラックドライバーの仕事のデメリットとは

トラックドライバーのデメリットとしては、拘束時間が長くなりがちだということが挙げられます。多くの場合、トラックの運転だけでなく荷物の積み降ろしも行います。早朝に積み込みをして出発し、会社に戻るのは夜遅くなることも少なくありません。特に繁忙期には、そうした勤務が続くことが多いです。ただ、こうしたことは改善しようと努力している企業も多くなっています。職に就く前にその会社の労働環境等をしっかりと調べるようにすれば、こうしたデメリットも低減されると言えるでしょう。

愛知のドライバーの求人はワークラウフバランスに対応した処遇が設定されています。フレックスタイム制度や連続有給取得制度などがあります。