薬剤師として自分に合った職場で働くために!チェックしておきたい働き方の条件3選


年収に関する条件のチェックポイント

薬剤師として働くにおいて、貰える年収が多いに越したことはありません。しかし、年収の多さに比例して仕事での責任も大きくなり、多忙になっていきます。薬剤師としてバリバリ頑張っていこうという人なら、野心を持って高い年収を求めるのも良いですが、プライベートと仕事を両立させたいと考えている人は、年収の高さだけにこだわるのは禁物です。最低いくらほしいという基準を決め、仕事量とのバランスなどを総合的に判断して選ぶのが賢明です。

勤務時間に関する条件のチェックポイント

勤務時間は、どこで働くかによっても変わってきます。薬剤師の職場としては病院、調剤薬局、ドラッグストア、製薬会社などがあげられますが、それぞれ営業している時間帯が異なるからです。ドラッグストアは年中無休で営業しているので必ずしも土日が休めるわけではありません。製薬会社や病院は、日曜日に休めることが多いでしょう。また、定時に退社できるのか、残業はあるのか、有給休暇は取得しやすい環境であるのかなどもチェックするのが賢明です。特に子供がいる人は、休みの取りやすさは重要となるでしょう。

働きやすさに関する条件のチェックポイント

働きやすさは人それぞれ感じ方が異なり、人によってはワンオペで行うこぢんまりとした職場が居心地が良かったり、少人数でアットホームな雰囲気で働く職場が良かったり、人間関係がフレッシュな新規オープンの職場で働きたかったりなど希望は異なるでしょう。働き始めてから後悔しないように、職場の環境についてしっかりリサーチすることが大切です。

薬剤師は国家資格ですので、資格を持っている方で採用側の年齢基準を満たしていれば、薬剤師のシニア求人の需要はあります。