バイトする前に掴んでおこう!工場でのお仕事適正


工場でバイトする前に知っておこう

工場でのバイトは、人間相手にコミュニケーションを図りながら行うイレギュラーなことが起こりやすい仕事とは違い、どちらかというとイレギュラーなことは起こりにくく、比較的採用されやすいバイトのひとつです。工場は作るものによって、忙しくなる時間帯や時期が違うのが特徴です。お弁当をつくる工場ならば午前中が忙しさのピークになることに、またクリスマスケーキやおせちとった季節に関係するものを作る工場であれば、時間よりも時期で忙しさのピークが変わります。忙しくなる時間帯・時期に工場勤務が出来るのではあれば、さらに採用されやすくなりますので、バイト応募をする前に、自分がバイトできる時間帯と工場が忙しくなる時間帯・時期を事前に確認しておきましょう。

工場でバイトするうえでの適正

工場は、基本的には流れ作業や単純作業を繰り返す内容の仕事が多く存在します。野菜を出荷する工場であれば、大きさ別に仕分けする作業を繰り返したり、レーンに乗って流れてくる商品になるものの品質チェックといった作業です。このような部門で働くうえでの適正は、黙々とすることが多いので、コツコツとできる性格や一人で作業することが苦にならないといった適正が必要といえるでしょう。

逆に、在庫のチェックや伝票管理といった複数のスタッフと行うような部門でバイトするときは、相手とのペースを合わせる能力やコニュミケーション力を必要とする適正が求められます。またバイトでも長期間在籍していると、新しく入ったバイトの新人指導や周りへ業務指示を出すポジションで働くこともありますので、自分の適性も把握したうえでバイトをする部門を検討しましょう。

大都市なので、東京の工場の求人は他の都道府県の求人より多くなります。東京都の中でも場所によって変わってきます。