日系企業とは違う?外資系企業に転職する時の見極めポイントやメリット


公用語の種類を見極める

外資系企業とは文字通り海外の企業や外国人が出資をしている企業のことを言います。取引先はもちろん、社内で働く従業員の中にも外国籍の人が多くいるため、企業によっては英語を公用語としているケースも少なくありません。その場合は、ビジネスでのプレゼンや電話でのやり取りはもちろん、社内にあるプライベートの会話も英語が基本となります。それまで日本語での会話だけで問題なかった日系企業から転職をする場合、この点がストレスに感じてしまうこともあるので注意が必要です。ビジネス以外で英語を使いたくないという人は、事前に公用語について確認しておく必要があります。

日系とは異なる外資系ならではのメリット

海外の人は、プライベートの時間を割いてまで仕事に取り組むことを好まない傾向にあります。日本では残業をして働くことがプラスの評価に繋がりやすいのに対して、海外では逆に業務効率が悪いというマイナス評価になることも珍しくありません。そのため、外資系企業は日系企業に比べて残業が極端に少ないのが特徴です。自由な時間を確保しやすいという点は、子育てと仕事を両立を考える人にとって大きなメリットと言えます。

成果によって正当に評価される

時代の移り変わりの中で減少傾向にあるとはいえ、年功序列で評価される日系企業は多くあります。それに対して外資系企業は評価主義のため、年齢や性別に関係なく求められる成果を出せば正しく評価してくれるのが特徴です。自分の努力がそのまま評価に繋がるので、やりがいを持って仕事に取り組むことができます。

外資系転職を成功させるには面接やプレゼンで過去の実績をうまく伝えることです。英語で試されることもあります。